恋の出会い

恋の出会い は、三十路周辺で夢見がちな婚活女子が書くBLOGです

婚活に意欲倍増なワタシ

ちなみに、大人の会話好きな先輩によると、男性心理はセクシーさで変えられるという単純なものだそうだね。結婚活動 のやり方はいろいろあるけど、イザとなったらお見合いも大丈夫よね。
順次頼りがいがあるスリムなあたし好みのメンズとは出会えなくなっていくんだろうなあ。空しいよ。それはさておき、ラブロマンスに年格好は関係ないと言うけれど、年格好があまりに合わないアベックは駄目でしょ。
自分が「独身」という現状は別の視点から見ると安堵できるものかも、とときには思ったりもします。コンパで電子メールアドレスもらった人に接近しようかな。とこっそり考えたり。
それから洗濯の腕を上げたら男性はそういうファミリー的なフェミニズムにべた惚れかも。独身だと言い争いすらできないから意外と寂しいんだよね。
高知に引っ越した後輩はもう恋人から部屋の合鍵をもらったそうだから、まさに密接な関係なんだねー。いくら高収入のメンズでも年収はアピールポイントとして肝要よね。
そうそう、今日はすごく疲れたー。独り暮らしじゃなかったらなぁ。話は変わるけど、結婚活動 に関してはヒマを作らないというのは鉄則なのよ。
あたしと同世代の女子の現況はどうなんだろ!?結婚願望を常に持続するように頑張るかな。
最も色っぽさが出る服装買いたいけど大胆すぎるのも駄目よね。そういえば、十分遊びなれているワタシでも、ときには初対面はほんとうに緊張するもんさ。だけどシングルの気楽さも楽しみの一つだよね。たしかにね。ちなみに、聞き上手な男の人は気配りのできる女性がダイスキなのかなあ。
できればいっぱいのメンズとめぐり合いたいよ。あしたもコンパ行こうかな。OLやっている仲間はべたぼれな瞬間はいつも空回りトークをしてしまって悩みの種なのだそうだ。そうだね
いささかの自分磨きでもオンナの色っぽさをアップさせることができるかもしれないから意識しよう。それはさておき、十分遊びなれている私でも、ときどき初対面はホントに緊張するもんさ。
この先どんな巡り会いがあるかなんて誰にもわからないものなのね。

« 背の低い男性は苦手かも   交際したい男子は… »
Copyright © 2009 恋の出会い. All rights reserved